オースチン・オブライエン

みなさんこんばんは。オースチン・オブライエンです。
ダディがいつもお世話になっております。

今日は「銀河うんちデッキガイドを更新する」というミッションを与えられたので
最近組んだデッキを紹介していこうと思います。

という訳でデッキはこちら。




【ネオフレムベル・レディ・コントロール】概要

ネオフレムベル・レディ・コントロール

《ネオフレムベル・レディ》、《業火の結界像》、《ヴォルカニック・ロケット》の内どれかに《同胞の絆》を撃ってぬるい制圧をしながら
《ブレイズ・キャノン・マガジン》を使ってコントロールを仕掛けるデッキです。

ネオフレムベル・レディは「手札の炎属性を一枚切って相手の墓地を除外する」スペルスピード2の効果と
「相手の墓地からカードが除外された場合、デッキから守備力200以下の炎属性モンスターを墓地に送る」効果を持っていますので
ターンが戻ってきたら墓地に送ったカードを《真炎の爆発》で……
あれ?爆発対応のカードってあんまり強くないな……
どうしよう…… えっと……
まあ、なんか機械族を落として《死魂融合》で《起爆獣ヴァルカノン》とか出しましょう!

コンセプトの時点であんまり強くなさそうですが、
そこそこ大きいバーンダメージを不意打ちでぶち込む事が出来るので
ちょっとビックリさせる事が出来ます。
まあ総じてカードパワーはあまり高くないんですけど、
「出されたらちょっとイヤなカード」が出しやすい作りになっているので
刺さりそうな相手にチマチマ嫌がらせしていきましょう。
刺さらないデッキには泣きましょう。
デッキのジャンルとしては、
バーンダメージによるリーサルをチラ見せすることで相手の行動を制限させる側面があるので、
ビートバーンならぬコントロールバーンと言ったところでしょうか。


メインデッキ解説

同胞の絆対応カード(炎属性・レベル4・炎族モンスター)

ネオフレムベル・レディ、業火の結界像、ヴォルカニックロケット

こいつらに同胞を撃つ事でちょっと困る盤面を作り出す事が出来ます。
といっても結界像の攻撃力1000は適当な下級に殴り殺されてしまう数値なので
がんばってマガジンを墓地に送って妨害しましょう。

ネオフレムベル・レディは相手ターンに墓地のカードを種類問わず除外できるので
墓地への依存度が高いデッキであれば、1ターンくらいなら止める事ができたりします。
落とす候補としては手札次第であるのですが、
基本は《ジェット・シンクロン》。
《PSYフレームロード・Ω》を立たせたい状況なら《ゲリラカイト》。
以上のどちらでもなければ《ヴォルカニック・バレット》ですかね。
妨害だけではなく、貪欲を引いたけど墓地が足りない時に強引に肥やすなど、
細かい事を気にしていなさそうな見た目に反して気遣いが出来るカードです。

レディの墓地送りに反応してどちらかの墓地からカードをデッキに戻せる《驚天動地》を採用するのであれば
バレットが無限の手札コストになるのでちょっとだけ良い感じになると思います。
あと相手の墓地落としも封じる事が出来るので、シャドールとか恐竜にイキれます。
僕は使っている最中そんなに強くない……と思っちゃったので抜きましたが……


ヴォルカニックセット

ヴォルカニックセット

相手ターンに好きなタイミングで全体除去を撃てるアッパーな集団。
9期でお世話になった決闘者はそこそこ多いんじゃないんでしょうか。
《墓穴の指名者》に弱すぎますが、そこは気持ちでカバーしましょう。

とにかく《ヴォルカニック・バックショット》は生命線です。
基本的にはこのカードの全体除去でひ弱なレディたちを守っていくのが中心になります。
また、地味なバーンダメージを与えるカードが多く採用されている為
墓地に送られた際の500ダメージ(効果を使うなら合計1500ダメージ)が割と嬉しかったりします。

《ヴォルカニック・カウンター》は使っていて楽しかったのでピンで入れています。
守備力が無駄に高いのでレディで落とすことは出来ないのですが、
戦闘ダメージをそのまま相手の返す事が出来るので、状況によっては相手の攻撃を完全にロックできてしまう事があります。
死魂融合を伏せている時にΩで再利用ができると、
プレイングに「コントロール感」が生まれるのでおススメです。
地味に強制発動なので忘れないようにしましょう。


真炎の爆発、ゲリラカイト

ゲリラカイト、真炎の爆発

採用しているカード的にどうしてもΩを出したかったので入れています。
ちなみにこのデッキで爆発に対応しているのはレディゲリラカイト
そしてエクストラデッキの《No.59 背反の料理人》の三枚だけです。

とはいえチューナーを蘇生できるというのはやはり強力で、
爆発でゲリラカイト蘇生からハリ経由で《ヴァレルソード・ドラゴン》をリンク召喚。
そのまま相手のライフを削りきる場面も少なくありません。
相手ターンにバックショットを起動していれば
(500*3)+500+(3000*2)=8000でジャストキルになるのがちょっとだけオシャレポイントだったりします。

貪欲シリーズを二種類も採用している上にゲリラカイト専用蘇生札と化しているので、
一見使いづらそうに見えるかもしれませんが
レディへのアクセス手段が豊富なので僕はあまり気になってはいません。
というか気にしないようにしています。


トラップトリック、無限泡影、貪欲な瓶、バージェストマ・マーレラ、死魂融合

トラップトリック、無限泡影、貪欲な瓶、バージェストマ・マーレラ、死魂融合
トラップトリック

規制かからなくて
よかった~~~~~!!!

僕の作るデッキには大抵入っている《トラップトリック》ですが、
今回はやたら対応カードが多いです。
先攻で使う場合は相手の動きを見て《無限泡影》か《バージェストマ・マーレラ》。
マガジンを構えてはいるけどリソースが無い場合は《貪欲な瓶》。
相手のライフが削れそうな感じであれば《死魂融合》をセットしています。
《炎帝近衛兵》を採用する場合は瓶の枠を考えた方がいいかもしれません。


その他

例によってそんなに重要ではないカードは雑に解説します。

《エフェクト・ヴェーラー》:
割と自由枠。うららでもいいのですが、モンスター効果をなるべく止めたいのと、
《抹殺の指名者》を考えるとやや採用率が低そうなこっちの方が使いやすいと思ったので採用。

《工作列車シグナル・レッド》:
レディを戦闘で守れるが、結界像が居たままでは守れない(ブリーチ?)
あと機械族なのでヴァルカノンの素材にもなります。
適当にうだうだしてヴォルカニック・カウンターから気を引くのにも有効。

《貪欲な壺》:
使いまわしてうれしいカードが多いので。

《ツインツイスター》:
わざわざ書く必要ある?歌ってもいい?

《ジェット・シンクロン》:
calling & feeling 君への感情(おもい) 胸に刻んでVRAINS...

エクストラデッキ解説

灼熱の火霊使いヒータ

灼熱の火霊使いヒータ

ヒータちゃんかわいい~~~~~~!!!

それ以外

どうでもいい

まとめ

いかがでしょうか。
最後の方がものすごく雑な感じになりましたが……
いやでもしょうがなくないですか?
全部のカードに採用理由はあるけど、
デッキの内容を見ればそれだけで済むカードってそこそこありますし……
特に今回のエクストラは本文中で言及があったカード以外はほぼ自由枠なので
もし参考にする場合は適当なカードを入れても良いと思います。
たぶんヒータちゃん10枚とかでも良いんじゃないすかね
(俺が許してもルールはお前を許さないが……)

僕は「不意打ちで勝つデッキ」が好きなので
今回のデッキはいくつか気になる点があったものの、
大枠の動きとしては結構いい感じに纏まったんじゃないかと思っています。
やっぱり死魂融合でヴァルカノンを着地させるのが最高に気持ちいい……大好き……
死魂融合を使ったデッキはこのブログでもすでに紹介しているので、
相手ターンに融合大好きオタクの皆さんはそちらもお願いします。

というわけで以上、オースチンオブライエンでした。