__

皆さんお久しぶりです、ぴなぴなです。
おそらく今後も最初の挨拶は大体これになるかと思います。ぴなぴなです。

今回はフレッシュな新規カードをふんだんに使用した新デッキをご紹介させて頂こうと思います!
下書きのまま放置してる間に色々な意味でフレッシュさが失われたような気もしますが……

それでは、宜しければお付き合い下さいませ。




【オノマトダイバー】概要

さて、今回紹介させて頂くデッキがこちら。
オノマト

前回がシンクロだらけだったのもあり、今回はエクシーズ盛りだくさんのデッキですね。
《RR-シンギング・レイニアス》の存在から察せられる通り、《RR-ワイズ・ストリクス》による展開を軸とした構築です。

展開の過程で墓地に行くフォースストリクスを利用し、《ガガガガマジシャン》から《FNo.0 未来龍皇ホープ》・《無限起動要塞メガトンゲイル》といった強力なモンスターを呼び出すのがメインコンセプト。
安定して展開を行うために、1枚でワイズ展開に必要なパーツを揃えられるカードを持った「クロノダイバー」「オノマト」の2つのテーマを併用しています。
ワイズ展開といえば幻影騎士団を用いたものがメジャーですが、こちらはそれに比べてよりコンパクトに動くことができ、必要なパーツの関係でデッキ内のノイズを少なくできることが利点といえるでしょうか。

メインデッキ解説

《クロノダイバー・レギュレーター》
《クロノダイバー・リューズ》
《クロノダイバー・ベゼルシップ》

レギュレーターは通ると一番嬉しい初動です。
レギュレーターでリューズとベゼルシップを呼び出すと、ベゼルシップの自己再生効果と合わせて1枚でワイズ展開に必要な素材(フォースストリクス+レベル4モンスター)が揃います。
リューズは素引きした場合でもワイズ展開に絡むことができるので、その点も優秀ですね。
ベゼルシップを素引きすると悲しくなるので、祈りましょう。


《オノマト選択》および各種オノマト関連カード

レギュレーターを引けなかった場合やワイズ展開を通した後の展開の軸になるカード達です。
特に《オノマト選択》は、持ってきたオノマト連携からガガガシスターとズバババンチョー-GCをサーチすることで1枚からワイズ展開をスタートできる重要なカードとなっています。(詳細は後述)

クロノダイバーと比べて消費は嵩みますが、素引きしたパーツも役に立ちやすいのが嬉しいですね。


BF・RR関連カード

ワイズ展開用のパーツです。

《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》

手札誘発です。
後述する展開の際にどちらかをサーチすることができます。
基本はヴェーラーですが、ペンデュラムなど刺さる相手にはうさぎを持ってきましょう。

《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》

ワイズ展開に向かうためのレベル4の頭数として使えたり、リダンの罠素材時の効果を最初から使えるようになったりする便利なカード。
相手の先行に《無限泡影》を投げた時は機能不全を起こすのが難点なのですが、それを差し引いても十分強いので1枚採用しています。

エクストラデッキ解説

《FNo.0 未来龍皇ホープ》

サムネ用

未来皇の最終形態にしてこのデッキのエースモンスター。
戦闘・効果両面に及ぶ破壊耐性とモンスター効果へのカウンター効果を持ち、耐性と妨害の両面において高い防御力を発揮してくれます。
無効化のついでに対象を取らずに相手モンスターのコントロールを奪える点が流行の《ドラグーン・オブ・レッドアイズ》に強く、ドラグーンでは龍皇を突破できない上にこちらのターンで無効化効果を使うこともできないため極めて有利に立ち回ることができます。


《無限起動要塞メガトンゲイル》

→キロトンゲイル→トンゲイル

あんまり出したくないけどなかったらなかったで困るようなカード。
ガガガガ+フォース+インフィニティの3体を素材に召喚し、相手の盤面を吸い取りながらインフィニティを蘇生するのが基本です。
一度インフィニティを場から離すことで吸収効果をもう1度使えるようになるため、メガトンゲイル本体の吸収も含め盤面3枚に一気に触れるのが利点。
生き残ればガガガガ蘇生から龍皇に行くこともできたりと優秀ではあるんですが……耐性が強くても妨害効果は持っていないので、妨害の数的には龍皇とインフィを並べた場合より減ってしまうのが難点ですね。



《No.24 竜血鬼ドラギュラス》

デッキを選ばない汎用ランク6としては一番優秀だと思っているカード。
《オノマト選択》を構えていない状態でガガガシスターを召喚した際、必然的にランク6を出すことになるので採用しています。
相手のデッキがサイバー流の類だとインフィニティはクソの役にも立たないので、そういう時はソウルシェイブフォースからもこいつを出していいと思います。

その他のランク4モンスター

フォースストリクス、ガガガガマジシャン、リダン以外のランク4は自由枠です。
オノマトピアの効果を使ったターンにも未来龍皇に繋げやすい《恐牙狼 ダイヤウルフ》は採用しておくことをオススメしますが、それ以外は趣味嗜好や周囲の環境に応じて好きなカードを採用していいと思います。

展開ルート解説

《オノマト選択》始動の場合

選択発動《オノマト連携》サーチ、連携発動《ガガガシスター》+《ズバババンチョー-GC》サーチ
シスターnsef《ガガガリベンジ》手札、選択efバンチョー指定でシスターのレベルを4に
(バンチョー+シスター)フォースストリクスX
フォースefシンギング手札
シンギングss、(シンギング+フォース)ワイズストリクスL
ワイズefゼピュロスss、リベンジefバンチョーss、(ゼピュロス+バンチョー)フォースストリクスX

→下記 
ワイズ展開 へ進む


《クロノダイバー・レギュレーター》始動の場合

レギュレーターnsefリューズ&ベゼルシップss、リューズefレギュレーター手札
(リューズ+ベゼル)フォースストリクスX
フォースefシンギング手札、ベゼルefフォースの素材切ってss
シンギングss、(シンギング+フォース)ワイズストリクスL
ワイズefゼピュロスss、(ゼピュロス+ベゼル)フォースストリクスX

→下記 ワイズ展開 へ進む


※ワイズ展開

フォースefクリス手札、ワイズefソウルシェイブセット、ソウルシェイブefインフィニティX
(ワイズ+フォース)ユニオンキャリアーL、キャリアーefヴェーラー装備
ゼピュロスefヴェーラー戻してss、クリスss、(ゼピュロス+クリス)《ガガガガマジシャン》X
ガガガガefフォースss、(ガガガガ+フォース)未来皇→《FNo.0 未来龍皇ホープ》X


始動札によって細かい動きは変わりますが、最終的な盤面は共通。
1枚初動はこの2種類ですが、ようはレベル4×3を揃えるだけなので2枚以上の組み合わせでも容易にアクセス可能です。
メイン解説の項で述べたように、ヴェーラーの部分は幽鬼うさぎにする事もできますね。

このように、ユニオンキャリアーで装備したカードをゼピュロスで戻すことでコストの確保と妨害札のサーチを同時に行うと同時に自分がめちゃくちゃ遊戯王上手くなったような気分になることが可能です。
破壊耐性持ちの未来龍皇を含む3妨害なので、完全に返しきられるということはそうそう無いのではないでしょうか?



まとめ

そんなこんなの【オノマトダイバー】でした。
未来龍皇やオノマト選択、ユニオンキャリアーといったニューカマーを活かし、動きのテクニカルさと強さを両立した中々良質なデッキに仕上がっているのではないかと思います。
一度味わうと病みつきになるうまぶり体験ができますので、ぜひ一度使ってみてください!


以上、ぴなぴながお送りしました。それではまた次の記事で……アデュー!





















おまけ


1ヶ月ほど放置した理由




放置している間に発表されたもの




787dc89f3253197850a2b0c946e534d5_600

お わ り